かきかたタイム

一年間のカリキュラム例(4歳児クラス)

正しい姿勢の指導
鉛筆の正しい持ち方の練習
○×の練習
数字:1〜8 数字:9,10
ひらがな:あい/うえ
ひらがな:おか/きく ひらがな:けこ/さし ひらがな:すせ/そた
4月 5月 6月 7月 8月 9月
10月 11月 12月 1月 2月 3月
ひらがな:ちつ/てと ひらがな:なに/ぬね ひらがな:のは/ひふ ひらがな:へほ/まみ ひらがな:むめ/もや ひらがな:ゆよ/らり

講師紹介

かきかたタイムの講師をご紹介します

名前:角田 恵子
出身校:瀬戸内短期大学
指導歴:32年 文化書道 六段 中央書道 七段

挨拶

はじめに正しい姿勢で、正しい鉛筆の持ち方を指導いたします。一人ひとりの個性を大切にしながら、皆でその日の課題を仕上げていきます。その時は書くことが出来なくても、挑戦し、努力すればできるという自信を持てるよう、共に頑張っていきます。

成長のあしあと

かきかたタイムを通して正しい書き方を学びながら、
文字に対する園児たちの感性を育んでいます。
文字は一生の付き合いになりますので、この経験がさまざまな機会で活きていくことを願っております。

園長からひとこと

かきかたタイムをすることで、ほとんどの子どもたちは、
小学校に進学するまでには、読むことはもちろん、
ひらがな、カタカナを書けるようになっています。
一年をかけて丁寧に指導していただいているので、
小学校進学の際、スムーズに授業に入っていけるのではないかと思います。